since 2004/12/16
 
-
 
TOP 商標とは
 
 
商標の分類と類似
 
 
商標登録の手順
 
 
商標登録にかかる費用
 
 
商標登録に挑戦!
1.商標調査
2.出願書類の作成
3.出願
4.電子化手数料払込
5.公開
6.結果通知
おまけ.特許庁で出願
 
 
商標参考リンク
 
 
資料室
商標法
商標法施行令
商標法施行規則
45の分類の一覧表
(施行令別表)
各区分に属する
商品・役務の一覧表
(施行規則別表)
 
 
 
商標登録は自分でできる!

自社の商品やサービスに付ける名前というものは、商売する上で非常に大事なものです。しかし、それがどんなに考えて付けた名前であっても、他の人の商標と被ってしまうと使うことはできません。逆に、商標登録しておくと、他の人はその商標と同一又は類似する商標を使えなくなります。

日本全国でその名称を独占できる、それが商標です。

消費者はもちろんのこと、各企業等が円満な経済活動を行っていくためには、ある商品やサービスに触れたときその商品やサービスは、誰が製造又は提供したものなのか、その商品やサービスの質としてはどのくらいのものが期待されるのか、といった事柄が分かるシステムが必要です。

そこで、商標制度が作られました。商品やサービスに付される目印、すなわち商標を保護することを定めて、その商標に対し、それが付された商品やサービスの出所を表示する機能、品質を保証する機能及び広告機能を持たせることにより、商標を使用する者の業務上の信用の維持を図ることを通じて、産業の発達に寄与し、一方で需要者の利益を保護しようというものです。

その商標の出願は、実はそんなに難しいものではありません。特許と違って、商標は自力での出願が非常に簡単なのです。初めての人でも、コツをつかめばすぐに出願できます。

私(筆者)は、自分で商標出願をしました。私は弁理士ではありませんし、過去に商標登録に関わったことはありません。それでも、インターネットを使い、色々な助けを借りた結果、わずか数日で出願することができました。現在はまだ登録されていないので「商標登録出願中」ですが、書類の作成から発送まで、その手続きの全てを自分で行いました。

このサイトではその体験を基に、商標出願の流れや費用、体験談などをまとめてみたいと思います。


 
-
   
-
  国際結婚 / 労働基準法 / 内容証明郵便 / 支払督促 / 社会保険
雇用保険・失業保険 / 雇用保険ポータル / 失業保険&退職 / 火災保険・地震保険 / 収入印紙・印紙税 / 国民健康保険
クレジットカードのショッピング枠を現金化に注意 / 履歴書の書き方・職務経歴書の書き方 / ハローワーク / 国民年金・厚生年金
ハローワーク情報 / 自動車税

合同会社ITステーション / 自分で.net  このウェブサイトはリンクフリーです。